~染色会社ユティックグループの社員奮闘記~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

「SNEP」って言葉知っていますか?






皆さんは「SNEP」って言葉知っていますか?






最近よく耳にする言葉なのですが








「SNEP」(スネップ)
孤立無業者…「Solitary Non-Empoloyed Persons」の略









ん~「ニート」「フリーター」と何が違うのでしょうか

で…またまた調べてみました









ニートでもフリーターでもない、新しい概念








20~59歳の在学中ではない無職の未婚者で、関わりを持つ人が家族以外に一切いない人の
こととされており、その数は増加している。
無職あるいは不完全雇用、また、社会的孤立といったSNEPの各分野が拡大しているように
見えるが、東京大学の最近の調査で、2011年には職に就かず、かつ家族以外の人々との
接触がほとんどない人々が162万人に達したことが明らかになり特に懸念されている。
これは、国内の未婚で無職の256万人の約60%にも相当する。






SNEPの数は01年の80万人から06年には112万人へと着実に増加した。





20 歳以上59 歳以下の在学中を除く未婚者で、ふだんの就業状態が無業の人々の2日間の
行動の無作為標本についてデータを分析した。
SNEPは連続する2 日間に関わりを持った人が家族のほかにはいなかった人々を指す新概念と
定義された。






SNEP数の増加は社会保障費の膨張につながるとともに、社会にとって大きな負担になると
警鐘を鳴らす。






SNEPという用語は常勤の仕事に就かない人々を指す様々な言い回しの1つに加わった形だ。





日本におけるNEET(ニート、若年無業者)は、15~34歳の年齢層の非労働力人口の中から
学生と専業主婦を除き、求職活動に至っていない者と定義されている。
フリーターは同じ年齢層で、正社員ではないが、複数の非常勤の仕事によって生計を立てている人々だ。






11年にはニートの数は60万人、フリーター数は176万人だった。





こうした用語は若年層を指しているが、ここ数年は30代や40代、50代の失業者数も増加している。
05~12年には45~54歳男性の失業率は3.1%から3.5%に上昇し、
55~64歳の場合では4.2%から5.0%に上昇した。
12年の失業率は全体としては4.3%だった。













SNEPって誰とも関わりを持たずに仕事もしない人って事なのでしょうか…
フリーター・ニート・そしてSNEP…言い方はイイかも知れませんが
社会的にはあまり良い印象はありませんよね









これは、あくまで個人的意見になってしまいますが、
昔は在学や仕事に就いていない人は恥ずかしいとされてきました。
フリーター・ニートと言う言葉が一般的に認知され、
当たり前の様に「自分はニートです」と言う人が出てきて、
何か「恥ずかしい事」から「普通の事」「カッコいい事」になっている様な
気がします。







SNEP・・・また新しい用語が出てきました。
この先、日本はどうなっていくのでしょうか





日本














管理人

スポンサーサイト
2013-02-23 : 染色事業部 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »
お問い合わせ
Pagetop

現在の閲覧者

現在の閲覧者数:

入場者数

プロフィール

Utic&Co.Ltd

Author:Utic&Co.Ltd
uticblogへようこそ
北陸福井の染工場です。
それぞれの事業部で行われてる事や社員の奮闘記を日々書いていきます

カレンダー

<
>
- - - - - - -
- - - 1 2 34
5 6 7 8 9 1011
12 13 14 15 16 1718
19 20 21 22 23 2425
26 27 28 29 30 - -

全記事

Designed by 石津 花

Category

Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。